みずほ銀行新宿西口支店 スバルビル解体のために移転へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

みずほ銀行富士重工業が創業の地でもある西新宿を去ってから2年が経過したスバルビルですが、この場所で営業しているみずほ銀行新宿西口支店が、新宿新都心店と同じテナントで営業することになりました。

スバルビルの解体 小田急電鉄内で話がまとまらず?(withnewsより)

昨年には大戸屋などの飲食店が閉店し、先月には1階に目立つ形で営業していたJTBも別の場所へと移転しましたが、店内に置かれていた看板によると「入居ビルオーナーの都合」で移転することになったと説明されています。同ビルは小田急電鉄が買い取っており、昨年には実態が謎に包まれている新宿駅西口の再開発計画も同社が発表していますが、受付の女性に聞いた所、ビルが取り壊されるために今回の移転が決まったというお返事を頂きました。

新宿西口支店の機能は甲州街道近くにある新宿南口支店ではなく、新宿センタービル内へと移ることになりますが、店名の統合などは行なわれず、新宿駅の西口改札から約500m離れた所に「西口」を名乗る支店が別途営業することになります。移転は10月11日に行なわれる予定で、6月には小田急エースの敷地内にATMコーナーが設置され、移転と同じ日には宝くじ売り場と外為両替を扱う出張所のような場所が作られることになっています。なお、スバルビルが解体される時期についてはわからないとのことでした。

JTB

北館に「みずほ銀行」がオープン予定!|イベント&ニュース|【小田急エース】新宿駅西口交番近くの地下街にあるショッピングモール
みずほ銀行:新宿西口支店 | ATM・店舗検索


広告

広告

地域別新着記事