伊勢丹でルパン三世のフェアとチョコレートのフェアを同時に開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ルパン先日新宿NSビルで開催されたサロン・デュ・ショコラが大盛況のうちに終了した伊勢丹で、ルパン三世に関連した催しと、バレンタインデーを意識した様々なチョコを販売するフェアが同時に開催されています。

ルパン三世と伊勢丹がコラボレーションした企画では、ルパンが伊勢丹新宿店を標的にしているという設定で、伊勢丹の特設サイトにも新聞などで使用されている文体で様々な商品の紹介などが行なわれています。会場となっている7階だけでなく、場内アナウンスにもルパン三世と銭形警部が登場し、お馴染みとも言える掛け合い漫才のようなことを行っています。入り口付近にはテレビアニメ化されたイタリアでの物語のほか、ルパン三世がショーケースの中にあったものを盗んでいったという「演出」も施されちょっとしたアトラクションスペースのような場所にもなっています。

催会場で販売されているものの中には絵画などもあり、峰不二子の妖艶な姿を描いた浮世絵や、最後の晩餐をパロディ化しつつも、どこか凛々しさを感じる絵画などがそれぞれ販売されています。また、それぞれのキャラクターをイメージした浴衣などのコーディネートも販売されていたり、銭形警部のコスプレが出来るのではないかというほど似ている衣装の一式セットなども展示・販売されていました。

会場にはカフェスペースだけでなく、UFOキャッチャーやガチャガチャ、3Dプリンタ用のパソコンも置かれています。3Dプリンタは展示されているルパン三世のフィギュアに似せた形で、自分のフィギュアを作ってもらえるというもので、こちらは製造期間が必要なために後日配送してもらう形での販売になっているとのことです。また、UFOキャッチャーは朝9時半頃から整理券の配布をしており、日によって10人か30人だけが楽しめるという貴重なものになっています。なお、6日と7日にはアニメを手掛ける友永和秀総監督と、浄園祐プロデューサーによるトークショーが行なわれたりと、ルパンファンにとってはより貴重な体験が出来る時間も設けられています。

ルパン三世一方、6階で開催されているスイーツコレクションは、サロン・デュ・ショコラの事実上の「延長戦」のような催しで、マゼやトーキョーチョコレートを始め、サロン・デュ・ショコラに出店していたお店がこちらにも複数出店しています。伊勢丹で行われていた頃のサロン・デュ・ショコラと比較すると若干移動が楽ではありますが、それでも多くの女性が会場を訪れ、様々な種類のチョコレートを購入したり、味わっていました。

イートインコーナーではドゥバイヨルというお店が新宿店でしか購入できないというアイスバーを販売している他に、期間限定で原宿の一角に作られていた「チョコレートの出る蛇口」が設置されており、松山空港にあるポンジュース蛇口のような、普段とは一風変わった形でチョコレートを楽しむこともできます。また、食べ物以外ではバレンタインデーに男性へプレゼントするためなのか、彩り鮮やかなボクサーパンツを販売するスペースも用意されていました。

それぞれのフェアは終了日が違っており、ルパンの催しは8日で終了し、スイーツコレクションはバレンタインデーの翌日にあたる15日に終了する予定です。

ISETAN × ルパン三世|伊勢丹新宿店
・スウィーツコレクション|伊勢丹 店舗情報


広告

広告

地域別新着記事