約9年ぶりに復活した「つけ麺赤とんぼ」オープン記念キャンペーンを実施中

広告

つけ麺赤とんぼ事実上開店休業状態だったくま神の閉店から2カ月ほどが経過し、今月中旬より新しくつけ麺店の「赤とんぼ」というお店が、同じテナントで営業をスタートさせており、来週までの期間限定でオープニングキャンペーンが行われています。

明日まで行われているのは、先着100人が注文したつけ麺の値段を言い値で支払うというものだそうで、お店の入り口にあったポスターには赤文字で「0円」という表記も行われていました。来週からはつけ麺のみの販売を行い、1杯500円で提供するとのことです。同店のつけ麺は780円に設定されているため、期間中は事実上の280円引きということになります。元々2008年まで赤坂で営業していたお店だったとのことですが、マイナビニュースの取材によると「味を知ってほしいため」にこの企画にしているようです。

短期間で営業を終えたくま神の前に営業していた十二社もラーメン店だったため、これで3回連続で麺類のお店が入居することになったのですが、お店のレイアウト自体は特に変わっておらず、備え付けのものを活用した形で営業を行っていました。なお、営業時間は11時から15時と17時から21時までとなっていますが、笑梟と同様にスープが無くなり次第終了という形を取っています。

復活した「つけ麺赤とんぼ」実食–オープン記念で”つけ麺”が0円も可能!? | マイナビニュース


広告

広告

地域別新着記事