京王百貨店でDMMから生まれたロボット「Palmi」の展示と販売を実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

京王百貨店伊勢丹でPepperの展示などが開催されたりと、百貨店でもちょっとした電子化の波のようなものが時折漂っていきますが、京王百貨店ではAIBOと同じ位の大きさで作られたロボットのPalmiの展示などが行なわれています。

ビートたけしさんとダンカンさんがCMに出演し、2人のやり取りに混ざったりしていたこのロボットは、DMM.make ROBOTSから誕生したもので、顔と名前を記憶して会話を行ったり、学習させることで「成長」を促すなど、ペットのように育てることが出来るものとなっています。コミュニケーションを主とするロボットということで、人の発言に対する反応の速さ(0.4秒)なども売りにしており、使用の用途も認知症予防やペットが飼えない人への代替案、イベントでの集客などが紹介されています。

京王百貨店の1階北側に作られたスペースには、2台のPalmiと店員さんがいて、実際に会話をしている様子をお客さんに披露していました。1階での展示は25日までで終了するそうですが、12月25日までは1階の特設ステージのほぼ真上にあたる8階の「くらしサプリ」にて展示や販売が行なわれる予定になっています。

【「成長する」ロボットPalmi(パルミー)と新しい暮らしを始めませんか?】昨日11/19(木)より新宿店正面入口に登場した、おしゃべり上手なかわいいロボット「Palmi」!インターネット関連事業を手がけるDMM.comが自信をもってお…

Posted by 京王百貨店 on 2015年11月19日

DMM.make ROBOTS – DMM.comではじめるロボットと人との新しいライフスタイル


広告

広告

地域別新着記事