新宿高島屋で「帰ってきたウルトラマン」に関する催しと大黄金展を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿高島屋高島屋の催会場では、15日から20日までの日程で、帰ってきたウルトラマンに関する展示会と、時折開催されている金を使った贅沢品などを展示・販売する大黄金展が行なわれています。

「帰ってきたウルトラマンの世界」と名付けられたイベントでは、15日にバルタン星人が、16日には「中の人」を務めたきくち英一さんによるトークショーが行なわれ、明日にはウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックと握手や撮影が行える企画も用意されています。展示スペースには実際に撮影で使用された様々なグッズのほか、全話のあらすじが写真付きで紹介されています。会場の奥には物販スペースもあり、こちらでブルーレイボックスの予約を行なうと、先着50人にオリジナルグッズがプレゼントされるとのことです。

大黄金展
大黄金展では「通常通り」値段が桁違いになっているものが多く、おみやげエリアのようなスペースを除いて基本的に100万円を超えた商品が並べられていました。ウルトラマンのイベントとのコラボとして、1800万円の値段が付けられたバルタン星人が様々なメディアで紹介されえていたものの、非売品を除いた最高値は1.3億円の価値が付いている茶釜となっており、他にも入り口付近には約1940万円の力道山、Doleのバナナをかたどった5400万円のバナナなどが販売されています。ちなみに、バルタン星人はサイズが3種類あり、小サイズと中サイズには買い手が見つかっているようです。


新宿タカシマヤ| 催し 詳細


広告

広告

地域別新着記事