新宿駅西口などで屋台を30年以上開いていた男らを逮捕(朝日新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ラーメン屋台新宿駅周辺では毎日のように路上ライブが開かれ、同じく毎日のように警察の人が止めに入って指導などを行っていますが、西口の路上ライブエリア(?)から50mほど北側で時折ラーメンの屋台を開いていた店主らが、道路交通法違反の容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは西新宿在住の平川丸次容疑者ら5人で「生活費を稼ぐため」などと供述し、容疑を認めているそうです。西新宿4丁目や5丁目周辺では、日が暮れると大きな屋台を引っ張って走るバイクの姿を度々見る機会がありますが、ニュースで映った新宿署の映像には、その屋台とほぼ同じ姿のものが押収物として並べられていました。平川容疑者はこれまで30年以上にわたって露天商を営んでいたようですが、今年に入って警察から60回ほど警告を受けていたとのことです。

平川容疑者らが使用していたものかは不明ですが、新宿区と渋谷区、そして中野区の境目あたりに位置するマンションやアパート周辺からは、複数の屋台が姿を消していました。昼過ぎから夕方頃になると仕込みの準備と思われる作業なども行なわれていましたが、14時の時点では人の気配も感じることが出来ませんでした。

ラーメンやおでん屋台を無許可設置 容疑の経営者ら逮捕:朝日新聞デジタル
・無許可で屋台営業30年以上 78歳男ら5人逮捕 東京・新宿区


広告

広告

地域別新着記事