丸善 京王百貨店が売り場を拡張してリニューアル

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

京王百貨店先月末で閉店した京王百貨店の啓文堂書店の跡地に、丸善が売り場面積の拡張という形で新たに入居し、7日に営業をスタートさせました。

基本的なお店のレイアウトに変更はありませんが、かつて啓文堂がレジとして使用していた場所には、レジが使用できない状態ながらも店員さんが待機しており、本の案内などを行っていました。入っている本はかつてと変わらない部分もありますが、どちらかというと軽く本を呼んだりするくらいの人に向けた書籍が目立っている印象があり、ライトノベルから松井珠理奈さんの写真集、出版自体をめぐって賛否を巻き起こした絶歌などが目立つ場所に配置されていました。

文具売り場はあまり手を加えられていませんでしたが、会計スペースが若干小奇麗になり、何年も使われたと思われるレジスターに混じってピカピカに光っているレジも設置されていました。売り場拡大という形が影響しているからか、特に記念キャンペーン等は行なわれておらず、昔から営業していたかのような雰囲気でした。ちなみに、丸善は今年2月にジュンク堂と合併しており、見方を変えれば約3年ぶりにジュンク堂が新宿に戻ってきたという見方もできるかもしれません。

・丸善 新宿京王店 |実店舗詳細 |丸善&ジュンク堂ネットストア
ジュンク堂新宿店社会担当(@junkushinjuku)さん | Twitter


広告

広告

地域別新着記事