ベルプラザ新宿 解体のためにサンドラッグが閉店&TSUTAYAが移転

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

サンドラッグバーバリーが新規店舗をオープンするなど、どんどん新しいお店などが増えている新宿3丁目で、長らく営業していたサンドラッグ新宿東口店が閉店しました。

これは、ベルプラザ新宿がTSUTAYAのビルとして建て替えられるために行なわれたもので、同じく営業していたTSUTAYA自体も、9月21日から同ビルでの営業を終了しています。シャッターが閉まって人気の無くなったビルには、閉店に関する簡単な挨拶が記載されており、新宿西口店や四谷三丁目店など、近隣店舗への案内などは書かれていませんでした。

新しく建設されるビルはツタヤのビルであることを象徴する「新宿ツタヤビル」が仮の形で名付けられています。建て替え計画自体は数年前から持ち上がっていましたが、標識の設置から3年近くを経て、ようやく生まれ変わりへの第一歩が踏み出せそうです。なお、現在TSUTAYAは隣接するビルでの営業を行なっているため、引き続きこの近辺でレンタルサービスなどを受けることが出来ます。

サンドラッグ
シャッター前に掲載されていた閉店のお知らせです。

サンドラッグ
TSUTAYAの「元入り口」には、新しい店舗を知らせる貼り紙を掲示していました。

サンドラッグ
シャッターとシャッターの間には、建築計画のお知らせがあります。

サンドラッグ
解体を知らせる看板もありました。


広告

広告

地域別新着記事