フリーザーとルギアが出現するようになったポケモンGO 新宿中央公園での「賑わい」が少し復活

広告

新宿中央公園ポケモンGOの1周年記念として、経験値の量が増えたり、卵が孵化するまでの移動距離が短くなるなどのキャンペーンが続けられている中、初代ポケモンに伝説のポケモンとして登場したフリーザー、金銀クリスタルバージョンに登場したルギアの出現も始まり、国内外で再び賑わいを見せているようです。

延々と人の波が続いていた時期もありましたが昨年末ごろから人影が少なくなくなっていきました。サラリーマンの方の帰宅ラッシュ時などにはスーツ姿でポケモンゲットに勤しむ方もいましたが、子供を連れてポケモンを探す人などは、土日の昼間などでないと滅多にお会いすることがありませんでした。ただ、今回伝説のポケモンが登場したということで、Twitterのトレンドに出てきたりと、再びアプリの起動を始める人が多々いらっしゃったようです。

新宿中央公園でフリーザーが出現した際には、アプリリリース時に起きていた人だかりが再び生まれ、ほとんど会話が飛び交うこともないままもくもくと戦闘や捕獲に精を出していました。また、この人だかりに対応するために警備員の方も頻繁に一帯を巡回し、道の中央に立っている人へ移動を促すなどしていました。また、感覚でのお話になりますが、新宿三丁目から西新宿までの一帯ではフリーザーの出現報告などが多いようで、ルギアの遭遇や捕獲に関する情報は、相対的に少ないようにも思えました。

ポケモンGO

ポケモンGO、『ルギア』『フリーザー』出現は継続。1周年大ボーナスは28日朝まで延長 – Engadget 日本版


広告

広告

地域別新着記事