アパホテル 西新宿五丁目駅前が2017年12月にオープンへ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

タイムズ西新宿5丁目駅前第5先月、西新宿3丁目にザ・ストリングスホテル新宿がオープンする事が発表されていましたが、8月の末に新しいホテルが西新宿5丁目にオープンすることが、アパグループから発表されました。

今回オープンするのはタイムズ西新宿5丁目駅前第5がある実質的な空き地部分で、長らくかに道楽の駐車場として営業が続けられていました。今回発表された計画には、このスペースが20階建てで710室が用意される予定で、東京都心では最も多い客室数となります。現在西新宿5丁目駅から最も近いホテルとなっている東急ステイが148室、新宿ニューシティホテルが400室というのを考えると、住宅地にこれだけの規模のホテルができるというのは、珍しいかもしれません。名称はアパホテル 西新宿五丁目駅前で、駅から徒歩1分と書かれていましたが、雨が降る中で実際に計測してみると1分28秒だったため、大柄の人が早歩きで行けば「徒歩0分」になる可能性もあります。

ホテルは再来年の12月までに誕生する予定で、観光需要の増加を見据えた形での進出とあります。が、同じ西新宿では2カ所で再開発計画があり、徐々に住宅地がオフィスビルなどに置き換わっていくことも考えると、外国人観光客の人々以外の需要も生まれそうです。なお、取得された土地は西新宿5丁目だけでなく、隣接した渋谷区本町3丁目もあるようですが、アパホテルがどちらの住所になるのかは、今のところ明らかになっていません。

タイムズ西新宿5丁目駅前第5
同駐車場が一時的になくなることで、かに道楽へ車で来る人達にとっては、少し不便になるかもしれません。

アパグループ新宿エリアにアパホテル東京都心最大級となる駅前大型ホテル用地を取得 | 【公式】アパグループ
アパグループ、東京・新宿エリアに大規模ホテルの用地取得、2017年12月開業へ | トラベルボイス


広告

広告

地域別新着記事