川栄李奈さんが主演を務める「AZUMI 幕末編」新国立劇場で上演へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新国立劇場今年の8月でAKB48を卒業したばかりの川栄李奈さんが主演を務める舞台「AZUMI 幕末編」が、新国立劇場の中劇場にて9月11日から公演が始まります。

映画では上戸彩さんが主役として出演した同作品ですが、舞台では仮面ライダーオーズで主役となった渡部秀さんや、早乙女太一さんの弟で、舞台俳優として活躍する早乙女友貴さんらが共演者として名を連ねています。上映は11日から24日までで、土曜日と21日、22日は13時からと18時からの2公演が予定されており、チケットは8500円からと7500円からの2種類となっています。

昨年5月に発生したAKB48の握手会で起きた傷害事件の被害者でありながら、今回刃物を操る女性を主人公にした作品で主役を務めることになった川栄さんですが、演技力については演出担当者から褒められていたり、以前出演していた「ごめんね!青春」でもネット上の一部で評価されていたりと、女優としての実績を徐々に積み重ねているようです。

・舞台『AZUMI 幕末編』スペシャルサイト


広告

広告

地域別新着記事