京王百貨店の「秋の大北海道展」明日からスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

京王百貨店京王百貨店では9月2日から15日までの約2週間にわたって、北海道の様々な食べ物などを扱う「秋の大北海道展」が開催されます。

第1週目はイートインコーナーが全て初登場のお店になっており、北海道のラーメンの代名詞(?)とも言える味噌ラーメンや地産の食材をふんだんに使ったスープカレーなどが提供されます。第2週目にもラーメンと寿司が提供され、カレー屋さんの代わりとして肉料理のレストランが出店するとのことです。白い恋人で知られる石屋製菓ではバウムクーヘンが販売される他、北海道の物産展では定番の海鮮丼が複数種類・複数店舗で販売されます。

最近はすっかり気温も下がり、夏場の高原くらいの体感温度が続いていますが、LeTAOからはシェイクが販売され、別の店舗ではメロンの上にソフトクリームが乗った、どことなく北海道の雰囲気を感じさせるスイーツも用意されるようです。明日のオープニングサービスではボイル毛ガニと赤肉メロン、切り落とし昆布がそれぞれ1つ1080円で、カニコロッケがマルエツや丸正といったスーパーより安い1個80円で提供されるので、時間のある方は安い商品を狙ってみるのも良いかもしれません。

秋の大北海道展|京王百貨店 新宿店


広告

広告

地域別新着記事