高級感があるラーメン店の「らあめん満来」に行ってきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

らあめん満来ユニクロ新宿西口店から徒歩3分ほどのところにあり、西新宿1丁目の北側の中でも物静かなエリアで営業するラーメン屋さんの「満来」に行ってきました。

ここは「昔ながらの雰囲気」やチェーン店特有の賑やかな店内などとは一線を画すラーメン店で、外観から新宿中村屋のような少し高級感のある作りになっています。店内はさらに重厚な雰囲気(?)があり、いわゆる回転していないお寿司屋さんにいるような気分にもなります。もちろんお水はセルフサービスですが、こちらは逆に回転寿司で用いられている仕組みを取り入れていて、座席の近くに水が出てくる蛇口が設置されています。そのため、氷だらけで重たいポットを持ち上げたりする必要もなく、いつでも新鮮で冷えたお水を飲めます。

また、これも特徴の一つかもしれませんが、満来はメニューが他店と比較すると少なくなっており、ラーメン、つけ麺の「ざる」、そしてチャーシュー麺の、それぞれ並か大盛りのみ、そして納豆の有無の選択のみとなっています。

91321e0a8432ddb25e18
今回はその「選ばれたメニュー」の中から、ちょうど1000円の納豆ラーメンを注文しました。手ブレしている上に角度の関係で量がわかりにくいのですが、眺めている時点では通常のラーメン屋さんと比較しても特に変わったことはありません。ただ、トッピングの種類などに若干見かけないものもあり、ラーメンや中華そばの定番具材であるメンマのほか、薄くスライスされたものではなく、食べやすいサイズにカットされたチャーシュー、トッピングとしてはあまり見かけない野沢菜が乗せられていました。肝心の納豆ですが、スープの中に沈み込み、食前は泡だけで存在を示しています。

味自体は非常に美味しいと言いたいところだったのですが、納豆の主張が激しく、スープを飲んでも麺をすすっても納豆の味がします。野沢菜を食べている時だけ「納豆感」が薄れたものの、チャーシューを食べている時も糸を引いた納豆によって、肉を食べているという感じがあまりしませんでした。ただ、無理やり納豆の存在を消去した上で感想を書くと、やはり「非常に美味しい」というシンプルな感想になります。意外だったのがメンマの美味しさで、もしかしたら具材の中で1番ではないかと思うほど、食感とスープを楽しみつつ食べることが出来ました。

個人的には、納豆は存在意義を考えてしまうほど選択を後悔していて、スーパーなどで3パック80円台で販売されている一方、今回のトッピングで150円が追加されてしまうことにも、若干疑問を感じてしまいました。ちなみに、パッと見ではチェーン店などには見えない満来も、都内に複数の店舗を構えているようです。

らあめん 満来ラーメン / 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


広告

広告

地域別新着記事