ビアードパパの新形態となる「シュクリムシュクリ」が小田急エースにオープン

広告

シュクリムシュクリ店舗が次々に撤退している小田急エースにて、閉店した2店舗を吸収する形でビアードパパの新形態となるシュクリムシュクリがオープンし、かつてと同じ甘い香りがする一帯が復活いたしました。

流石にビアードパパの最終営業日には負けますが、オープン初日には多くのお客さんが行列を作り、新しくなったシュークリーム店の新作などを買い求めていました。元々の2店舗が統合されたこともあってスペース自体が広くなり、店員さんたちも窮屈そうに作業行っている様子はありませんでした。写真は看板だけしか映していませんが、この丁度真下にお客さんが建物沿いに並んでいて、小田急エースのギリギリ敷地外まで行列が作られていました。

期間については決められていないそうですが、第1号店のJR池袋駅店とは違い、中身が紫色の「シューシュクリカシスオラッシュ」というシュークリームが、店舗限定商品として販売されています。また、両店舗共通の期間限定商品としてストロベリーと生クリームを中に詰め込んだ大きめのシュークリームも提供されていて、こちらは4月末頃までを目処として販売しているとのことでした。

シュクリムシュクリ:シュークリーム専門店 CHOUXCREAM CHOUXCRI


広告

広告

地域別新着記事