衣だけで満腹になれそうな「とんかつ三太」へ行ってきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

とんかつ三太新宿3丁目の中心あたり、新宿中央通り沿いの一角に位置するとんかつ屋さんの「とんかつ三太」に行ってきました。大塚家具の新宿ショールームやディスクユニオンの各店舗などが近隣にある場所という形で思い出すと、わかりやすいかもしれません。

船橋屋やつな八などの天ぷら料理店などを始め、日本の雰囲気を持ち込んだお店は新宿3丁目だけでも多数存在していますが、三太はレイアウトの段階から大きく異なっており、大半のお店がワンフロアを使って広く見せる構造になっているのに対し、三太では地下に位置する場所がカウンター、上の階段を上がるとテーブル、カウンターの下に行くと宴会用の座敷があるお店になっています。

お店の中は和風の雰囲気を前面に押し出した独特の高級感あふれるつくりになっています。

とんかつ三太
今回は特ヒレカツ(2200円)を注文しました。専門店のみならず、とんかつを扱っているお店では3口程度までに一切れがカットされていますが、同店のとんかつは全て一口サイズになっています。価格のことを考えると「まだ早い」気もしますが、お子さんが食べるのにもちょうどいい大きさでもあります。

とんかつ三太
基本的に「とんかつの主菜」のような立ち位置でもあるキャベツは、とんかつの横などに置かれていることが多いのですが、三太ではとんかつの上に飾られています。とんかつの盛り付け方法自体も他店とは大きく違い、円を描くような形でとんかつが並べられており、その中心部にキャベツがあります。上からソースなどをかけ、一緒に食べるというのも楽しみ方の1つのようです。

とんかつ三太
「特」が付くヒレカツということで、ここ数年間で食べたお肉の中でも上位を争うほどの旨味が染み込んでいたのはもちろん、口の中でサクサクと音が鳴る衣までおいしく食べられました。前述のとおり、ソースなどをかけて食べる方法が用意されているものの、肉汁の一滴まで楽しむことが出来るので、極端に言うとご飯やお水すらもいらないほどでした。

とんかつ三太
今回は抹茶味でしたが、デザートとしてアイスがついてきます。こちらはデフォルトで用意されているものらしいのですが、とんかつとは打って変わって「どこにでもあるアイス」とさほど変わらないような気がしました。ただ、100円以下で買えるアイスとは違い、抹茶の味が程よい形で主張していて、これまた程よい冷たさのまま、溶けることなく最後まで楽しめました。

これまで書いてきたブログはもちろん、人生の中でも指折りのクオリティの高さでした。佇まいなどからサラリーマンの方や年配の方が入りがちなお店ではあるものの、デートでのディナープランとしても非常に有効に使えるような気がします。

とんかつ三太とんかつ / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

夜総合点★★★★ 4.5


広告

広告

地域別新着記事