東京チカラめし 新宿西口総本店が閉店

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

東京チカラめし一時は猛烈なペースで出店を進めていたものの、その途中で運営企業である三光マーケティングフーズが大赤字になり、結果的に多くの店舗を売却するという悲しい結末を迎えている東京チカラめしですが、各地への出店の引き金にもなった新宿一帯からも店舗が徐々に減少しており、今週には「総本店」と名付けられたお店が新宿・西新宿から消滅しました。

今回閉店した新宿西口総本店は約2年前にオープンした店舗だったのですが、こちらも24時間営業から短縮営業に切り替わり、数ヶ月足らずで閉店という運びになりました。現在はメインの出入口だった部分が木の板で覆われており、金の蔵に近い部分に設置されているドアに閉店のお知らせの張り紙と、新宿西口1号店への案内経路などが掲載されていました。

株式会社チカラめし(株式会社マックの子会社)に譲渡された店舗には、新宿に構えた店舗は存在しておらず、新宿駅周辺で営業をしているチカラめしの店舗は新宿の第1号店でもある新宿西口1号店のみとなりました。メインで売り出されていたはずの焼き牛丼は、最近ではメニューの1つのような扱いになっていますが、焼き肉定食が550円でごはんがおかわり自由だったりと「お腹のコストパフォーマンス」に優れている料理もあるので、もしかしたらこの辺りに生き残りの道があるかもしれません。

東京チカラめし
お店の前にあった張り紙です。

東京チカラめし
っ暗なテナントの上では、力強く金の蔵(同じく三光マーケティングフーズの店舗)の看板が照らされていました。

牛丼 焼き牛丼 カレー 定食 焼肉定食 朝定食 セットもお得 東京チカラめし


広告

広告

地域別新着記事