小田急百貨店の「秋田県とみちのく物産展」明日で終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店元旦から各商業施設では様々な福袋販売やおせち料理などの販売で賑わいを見せていましたが、そのお正月まっただ中の1月2日から小田急百貨店で行われていた秋田県の料理などをピックアップした物産展が、明日で終了となります。

この秋田県とみちのく物産展では、初日と2日目になまはげが来場するなどといった縁起担ぎのイベントも行われており、普段の物産展(?)とは違った一面を見せていました。販売されている商品などは普段行われているものと大きな差はありませんでしたが、どことなくお正月らしさを実感できるようなお店の方の掛け声などを、何度か耳にすることがありました。

きりたんぽや比内鶏を食材にした親子丼といった秋田県名物の商品が、販売スペースの4割以上を占めていましたが「みちのく」ということで、岩手県の南部せんべい、青森県のはちみつ、宮城県の笹かまぼこをはじめとしたその土地々々を代表する食べ物なども販売されていました。最終日となる8日は、これまでよりも1時間早い19時での閉場となりますので、訪れる予定のある方はくれぐれもご注意ください。

・秋田県とみちのく物産展|小田急百貨店 新宿店


広告

広告

地域別新着記事