くいもの屋わん新宿東口店「被害届提出」のために客引きの情報提供を呼びかけ

広告

くいもの屋わん客引きに関する条例が改正されても効果をあまり発揮しない状態が続いている中、新宿武蔵野館の向かい側にて営業している居酒屋の「くいもの屋わん新宿東口店」が、客引きに関する情報提供をお店の入口付近で呼びかけています。

7枚の手書きの紙には私服のキャッチに関する注意喚起だけでなく、お店単体として「行動」を起こすことも説明されています。具体的には、弁護士との相談を行った上で何かしらの被害届を提出することにしているそうですが、被害の詳細や実態を証明する必要があるため、お客さんなどからの証言が必要だと呼びかけています。証言については録音されることもあるようで、録音内容を証拠品として提出することにより、客引きの摘発が可能になるとも説明しています。

わんがある新宿中央通り商店街は、ビックロの南西部やセントラルホテル東京付近に客引きが多く、一帯では誘導棒を持った商店街関係者の方が、客引きを眺めているという光景を頻繁に見かけます。しかし、客引きが通行人に対して「居酒屋」という単語を発しても警告などが行われることは滅多にないため、今回のようにお客さんやお店なども協力して摘発の準備を進めないと、一帯の客引き根絶は進まないかもしれません。
くいもの屋わん
くいもの屋わん 新宿東口店(新宿/居酒屋) – ぐるなび
くいもの屋 わん 新宿東口店 – 新宿/居酒屋 [食べログ]


広告

広告

地域別新着記事