地下を工事するための「巨大な道具」新宿警察署横に導入

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿警察署現在丸の内線の西新宿駅から新宿駅間の地下では、文字通り新しい地下道を貫通させるための工事が行われています。真ん中には中央線と様々な資材が置かれているのですが、道路中央部のみの作業で終わるわけではなく、歩道側にも手を加えて作業が行われるようです。今日見に行った所、巨大なクレーンと何かのタンクと思われるものが設置されていました。

クレーンもタンクも、山手通りで行われていた高速道路の工事で使用されていた記憶があるので、同様の作業か、それを簡易化した工事が行われるものと思われます。この位置に新しく地下道、ないしは西新宿駅へ繋がる出入り口も設置されるかもしれませんが、すでにアイランドタワーから地下道へ入る道が存在するので、ただ単に道路を工事するのみで終わる可能性もあります。

新宿警察署
この地下道が完成することによって、新宿三丁目駅から西新宿駅までの徒歩での移動の時間も多少短縮されるようになります。


広告

広告

地域別新着記事