小田急百貨店で「秋の北海道大収穫祭」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店今月は伊勢丹京王百貨店で北海道に関する物産展が行われていましたが、小田急百貨店でも25日より「秋の北海道大収穫祭」というフェアが1年ぶりに行われております。

今回は富良野と旭川で生まれた食品などがプッシュされており、北海道以外の店舗では初めてとなる「喫茶ふるちゃん」というお店のハンバーガーや、イカスミを材料に使用したカマンベールチーズなどが販売されています。また、この類のフェアでは常連店舗となっている石屋製菓は、白い恋人の名を冠したソフトクリームを新発売しています。昨年の同フェアでも登場したドライブインいとうも再び出店しており、豪快鬼豚丼という豚肉をふんだんに使ったB級グルメテイストの料理が提供されていました。

会場の中央部分あたりまでは肉料理の香りが漂っていましたが、会場の奥へと足を運ぶと海の香りがするようになり、ホッケやたらこ、いくらをはじめとする名産物が数多く販売されていました。また、オホーツクビールや北海道で生産されたお米なども販売されており、特にオホーツクビールではビールにあう軽食類がいくつも用意されているということもあってか、イートインコーナーでビールを楽しむ人の姿がありました。なお、小田急百貨店に行った日にはちょうど日本テレビ系の「ヒルナンデス!」が撮影をしており、アナウンサーの方やカメラマンの方が慌ただしく準備に追われていました。


広告

広告

地域別新着記事