「表彰台」も登場 新宿駅の地下でスポーツ祭東京2013の大規模な宣伝を展開中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿駅昨日に開会式が行われた「スポーツ祭東京2013」に関する宣伝用の大きなポスターなどが、京王線の新宿駅をはじめとした複数の場所に掲示されています。

ポスターにはマスコットキャラクターのゆりーとが、各競技にチャレンジしている絵などが描かれており、どのような競技が行われる予定なのかが一目でわかるようになっています。また、いたるところに「ようこそ!感動フィールドへ」というキャッチコピーも書かれていました。ちなみに、新宿区内で行われるのは女子のハンドボール(新宿スポーツセンター 10月3日~6日)と視覚障害者ボウリング(シチズンボウル 10月5日~6日)、ブラインドサッカー(新宿スポーツセンター 10月12日~13日)の3競技となっています。

京王線新宿駅の前には表彰台も作られており、2位と3位の場所にはゆりーとが立ち、1位の場所に人が立てるよう設計されています。先日新宿駅を見た時には特に人が立ったりしている様子はなく、カメラマンの方が親子連れの方などに声をかけている様子を確認することができました。これらの宣伝は全国障害者スポーツ大会の2日目にあたる10月13日まで実施されていることになっていますので、記念撮影などをされてみたい方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

京王線新宿駅・車両で大規模な広報展開
「スポーツ祭東京2013」本大会開催に向けた全都的な盛り上がりの気運を創出

・競技会場マップ


広告

広告

地域別新着記事