屋台村をテーマにした「サナギ新宿」がグランドオープン

広告

サナギ新宿新宿ミライナタワーの開業前から工事の作業現場として使われ、新宿ミライナタワーの開業後も封鎖され続けていた一帯が、本日より飲食店やイベントスペースを兼ねたサナギ新宿というスペースとなってオープンいたしました。

事前の情報どおり、4店舗の飲食店とイベントスペースという形でオープンした同店ですが、18時過ぎの段階では既に店内は満席状態で、入り口付近には多くのお花が飾られていました。ただ、よく見かける大きな開店祝いのお花ではなく、両手で抱えられる植木鉢サイズのお花がいくつも飾られているような状態でした。アジアや日本の屋台村というコンセプトがあるためか、店内ではアオザイやチャイナドレスなどを足して2で割ったような衣装の店員さんが、注文を聞いて回る姿もありました。

オープニングイベント自体はそこまで大々的に行われていなかったものの、敷地内一帯ではクラブミュージックが鳴り響き、アートの発表の場というコンセプトも対応(?)していました。公式サイトでは今後DJプレイを行うアーティストの方なども紹介されている他、イベント主催者らに向けたと思われる会場内の案内を記したPDFファイルの配布なども行われており、行く行くは「日本で一番活発な高架下」となるかもしれません。

サナギ新宿サナギ新宿サナギ新宿
サナギ新宿 | SANAGI SHINJUKU – サナギ新宿 | SANAGI SHINJUKU


広告

広告

地域別新着記事