伊勢丹の「第4回 チアアップ!ニッポンの“食”展」が明日で終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

伊勢丹伊勢丹では、今回で第4回目となる「チアアップ!ニッポンの“食”展」というフェアを明日の午後6時まで開催しています。

国産の食材などを中心に、様々な料理などが提供されているこのフェアでは、うなぎや鯛のおこわ、中津市の唐揚げ、山形牛から作られたコンビーフなどが販売されていますが、バウムクーヘンやラクスといった西洋の料理も通常のフェア(?)と同様に提供されています。普段は肉や魚、お酒の匂いなどが会場いっぱいに広がっていることが多いのですが、今回は山口ごま本舗が会場に持ち込んだごま油の製造機からの香ばしいごまの匂いが一部のスペースで濃厚に広まっていました。

また、このフェアでは様々な料理を提供するイートインコーナーとは別に、フードコートと名付けられているスペースが設けられており、購入したばかりの料理をその場で食べられるようになっております。席は合計で約40席ほどありましたが、土曜日はお昼過ぎであるにも関わらず、3/4程度の席が埋まっていました。ちなみに、会場の隅にはウォーターサーバーと紙コップも用意されています。

・~もっと元気に、明日をおいしく~
第4回 チアアップ!ニッポンの“食”展


広告

広告

地域別新着記事