「400万円のゴジラ」も展示 マルイアネックスで巨災対の名前を付けたポップアップショップを展開中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

シン・ゴジラ11月3日はシン・ゴジラの設定上でゴジラが初めて地上に降りたった日となっており、主にTwitterで大きな盛り上がりを見せている時間帯がありましたが、新宿マルイアネックスではその前日にあたる2日より、劇中に出てくる政府のチームの名前を拝借した形でポップアップショップがオープンしています。

「巨大不明生物特設災害対策本部 新宿出張所」と名付けられているこのポップアップショップは、1階にある特設ステージにて開かれているものなのですが、普段からよく行われているポップアップショップとは違い、実質1階の売り場の1/4程度を使った催しにもなっています。北側の入り口にはシン・ゴジラ以前の全長3m程度のゴジラが置かれており、近くにはPlaystationVRを使った体験コーナーも設置されていました。なお、展示されているゴジラは他にも10体存在し、いずれも抽選販売という形で約400万円で販売されるそうです。

売り場は1階のすべての売り場と比較しても最も人の入りが多く、狭いスペースにも関わらず常にお客さんがいる状態が保たれていました。販売されている商品はイベント限定Tシャツからマルイアネックス限定商品まで様々ですが、一部商品は初日から完売していました。特に缶バッジは初日の日の入り前後から売り切れとなり、現在も少数ずつ入荷していく形を取っているようです。さらにお店では庵野秀明監督つながりとして、エヴァンゲリオン関連の商品があったり、メカゴジラなどの旧作のグッズ類も販売されていて、こちらに興味を持っている人の姿もありました。ただ、シン・ゴジラのサウンドトラックやパンフレットは販売されておらず、あくまでもシン・ゴジラの作中に出てきたあらゆる設定や資料をモチーフにしたグッズ類のみが並べられていました。

今回のポップアップショップの横展開にあたって、マルイアネックス内にあるレストランもコラボレーションしているようで、銀座アスターではゴジラをモチーフにしたという料理が提供されています。また、to the herbs、離鮨、マトリョーシカの3店舗では、オリジナルコースター後プレゼントも行われているとの事でした。もちろん、マルイでのイベントと言うことでエポスカードをキャンペーンも開催されており、抽選でTシャツやノート、しおりなどが当たるほか、このタイミングでエポスカードに申込んだ方にはミニタオルと引き換えられるチケットがプレゼントされるとのことです。

ポップアップストアは30日まで開催されていますが、PSVRを使った体験イベントと、巨大なゴジラのフィギュアの展示は14日までとなっております。

シン・ゴジラ
ゴジラ・ストア 巨大不明生物特設災害対策本部 新宿出張所|新宿マルイ アネックス


広告

広告

地域別新着記事