現在も看板などは飾られず ニトリ新宿タカシマヤ店(仮称)のオープン予定地の様子

広告

タカシマヤタイムズスクエア12月にタカシマヤタイムズスクエアの南館でオープンを予定しているニトリですが、現在も館内は大きく変わっている所はなく、1階から3階のほぼ全面がビニールなどで覆われたりしたままになっています。

紀伊国屋新宿南店の事実上の閉店から約3カ月が経過しましたが、ガラスに面した部分は、閉店から数日が経過してから付けられたビニールで覆われたままになっています。工事用の道具などが運ばれている所を何度か見かけましたが、外側から確認できるのはBooks Kinokuniya Tokyoへ誘導している張り紙と、自動ドアの工事を行っているという建設会社の張り紙のみです。そのため、具体的にどのような改装が行われているのかは、内部の人以外はわからない状態になっています。

オープン日は予定と書かれているものの、求人サイトのanでは時給1200円以上での求人ページに12月オープンと明記されており、勤務時間は7時から23時までの間と説明されていました。店舗の片付けなどを考えるとこれよりも短い営業時間になる可能性もありますが、仮に午前と午後を2時間ずつ削った時間が営業時間になったとしても、Books Kinokuniya Tokyoや東急ハンズよりも長くお店が開いているということになります。

・(株)ニトリ 新宿タカシマヤ店(仮称)のアルバイト・バイト求人情報|バイト探しはan(アン):求人No.281717959


広告

広告

地域別新着記事