小田急百貨店で開催中の「九州・沖縄の物産展」が明日で終了

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店では先月の31日から九州や沖縄の食べ物などを販売する物産店が催物場で開催されていましたが、こちらのフェアが明日の8時で終了となります。

このフェアではイートインコーナーで1日30食しか出さないという限定メニューの長崎ちゃんぽんなどをはじめ、博多の苺「あまおう」や、なつま屋の「とり天(鶏の天ぷら)」、那覇市の「アグー豚」を使った料理などが販売されていました。スイーツ類は梅ヶ枝餅、カステラ、ソフトクリームなど、九州が絡んだフェアではお馴染みの商品が人気の様でした。

また、このフェアの初日に搭乗していた「くまモン」のグッズ販売も会場の奥で行われており、ノートや絵葉書、絆創膏など、様々な商品が販売されていました。やはり工芸品は手の込んでいる商品が多いということもあって高額な物がいくつも販売されており、17万円近いロックグラスや100万円以上する絨毯のようなもの(?)などが並べられていました。なお、今日は20時まで開催されていますが、最終日は19時で終了となりますので、時間の間違いにはお気をつけください。

・開店50周年記念 九州・沖縄の物産展|小田急百貨店 新宿店


広告

広告

地域別新着記事