小田急百貨店で「秋の北海道大収穫祭」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店の11Fでは、今月の26日から10月9日までの14日間にわたって北海道の「食」に焦点を当てた秋の北海道大収穫祭というフェアが行われています。

入口では「くりやまコロッケ」が販売するビーフコロッケ(のものと思われる)香ばしい揚げ物の香りが漂っており、会場の中心部には海産物からスイーツまで様々な北海道の食べ物・食材が並べられておりました。一番奥では焼あたりめを作る機械がぐるぐると「清算作業」を行っており、小さなお子さんなどにとっては見ているだけでも楽しむ事ができるフェアなのではないでしょうか。スイーツ類はお馴染みのルタオやきのとやのほか、白い恋人の石屋製菓も出店しており、「白い恋人のソフトクリーム」を購入するやや長い列なども形成されていました。

イートインコーナーは3か所にあり、塩ラーメンの「六花」、寿司料理の「日本橋」、豚丼などの「ドライブインいとう」が出店しております。ちなみに、六花の反対側に位置する物販コーナーではバターサンドなどを販売する六花亭というお店が営業しておりました。ワンコインでお弁当などが購入できるキャンペーンも日替わりで開催されておりますので、気になる方はぜひ公式サイトなどでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

・開店50周年記念 秋の北海道大収穫祭|小田急百貨店 新宿店


広告

広告

地域別新着記事