小田急百貨店で「小田急スイスフェア」がスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店では、永世中立国や自然豊かな土地を持つことで知られているスイスをテーマにしたフェアを、昨日より開催しています。

このスイスフェアでは、スイスを舞台にした有名な作品であるアルプスの少女ハイジのTシャツやDVDなどのグッズが販売されており、ハイジやおじいさんが住んでいた家のジオラマも置かれています。会場の中央部分や壁には、スイスの土地柄を説明する写真や文章などが掲載されたパネルが展示されていました。

他には腕時計がメインの(?)商品として会場の数ヵ所で販売されていましたが、さすがにフラっと寄ったついでに購入できるほど安い腕時計はありませんでした。しかしながら、どれも値段相応のスペックやデザインの腕時計となっており、高齢の方を中心に品物をショーウィンドー越しに眺める姿があちこちで見られました。ちなみに、来週の31日からは小田急ワールドウォッチフェアという催し物が行われることになっています。

また、このフェアでは小田急の箱根登山鉄道と姉妹提携を結んでいるというユングフラウ鉄道が全線開通から100周年を迎えるということで、この二つの鉄道を始め、スイスを駆ける鉄道の紹介や、模型の展示、グッズ販売などが行われています。会場の奥には子供たちのためにプラレールで遊べるスペースも用意されていました。

今回は食品関係の販売は2店舗だけで、スイスにちなんだお店からはフェルクリンチョコレートというお店が、箱根からは箱根湯本駅で営業している箱根カフェが出店していました。土日にはロマンスカーを動かしている現役の車掌さんが来て運転のデモンストレーションを行うなどのイベントも行われることになっています。

・小田急百貨店 新宿店 Webチラシ 8/22号


広告

広告

地域別新着記事