強風のせいでNTTドコモ代々木ビルの時計が「ズレた時刻」に(朝日新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ここ数日強風が吹き荒れる日が続き、新宿でもビル風の影響などで所々まっすぐ歩けないほどの風にぶつかる事がありますが、そんな強風の影響でNTTドコモのビルに付いているドコモの時計が狂ってしまったようです。

都内でも時折20mを越える風が吹き荒れていますが、その影響が時計に出てしまったようで、朝日新聞の写真では午後0時に4時50分を差しているドコモのビルが撮影されていました。既に1度時計を直しているようなのですが、修正を行った後に再び強風のせいで時刻がずれてしまったとのことです。

「事故」の発生からすでに1週間経過していますが、時計の時刻は未だに直っていないようで、時折ツイッターなどでも「時間がズレている」などといったツイートが行われているようです。天気予報では5m前後の風がまだしばらく吹くなどの予想になっているため、時計の時刻を修正する作業も、もしかしたらもう少し先になるかもしれません。

・新宿のドコモビル、強風で時計ずれた


広告

広告

地域別新着記事