小田急百貨店で「全国うまいものめぐり」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店では、2月29日より開店50周年記念と題して「全国うまいものめぐり」というフェアを今月の6日まで開催しております。

今回も全国各地から様々なグルメの数々が集められていますが、中でも一番人気だったのが、もはや定番とも言えるほど根強い人気を誇る551蓬莱の肉まんで、一時は30分待ちというプラカードと共にどこが最後尾なのかわからないほどの列が形成されていました。また、大量に作っていることも関係してか、お店から少し離れた所まで湿気を含んだ空気に包まれていました。イートインコーナーでは「まぐろづくし」のお寿司や旭川ラーメンなどが提供されており、こちらにもご当地の味をその場で楽しんでみたい人や会社帰りの人などで若干混雑してるようでした。

このフェアに関連してか、小田急百貨店はこの1週間グルメにちなんだフェアを普段より多めに開催しているようで、地下2階では肉・魚・野菜を専門に扱ったそれぞれのお店でオープニングサービスと題された個数限定の割引商品が、イベントスペースでは東北・北陸を中心にとり寄せられた駅弁を販売する「駅弁とうまいもの市」が、惣菜・弁当売り場では新しくオープンしたサラダ専門店でサラダの量り売り(20品)が1割引きになるなど、和食からスイーツ類まで幅広いジャンルで食べ物の販売が行われていました。

・全国うまいものめぐり|小田急百貨店 新宿店


広告

広告

地域別新着記事