楽釜製麺所 新宿西口直売店

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

楽釜製麺所 新宿西口直売店先日店舗をたたんだどんどんの跡地に新しくうどん屋がオープンしていましたので、足を運んでみました。新宿近辺で多くの居酒屋チェーンを経営している三光マーケティングフーズが経営しているお店とのことなのですが、この看板を下げて営業しているお店は、現段階ではこの「新宿西口直売店」のみのようです。

今回はざるうどん(大)とかき揚げ天ぷらを頼んでみました。少し気になったのが「大盛りの時はつゆが2つの器に分けて出される」という所でした。継ぎ足す用のつゆが机などに置かれていないことから、このような措置を取っているのかもしれません。

まだオープンしたばかり、それも第1号店(と見られる店舗)と言うこともあって、中にいる店員さんも時折ドタバタしており、担当の店員さんがレジの所へたどり着くまでに1分前後かかっている場面も見られました。

近隣にははなまるうどんが2軒、富士そばも2軒あるので、ここの常連のお客さんを「引っ張って来る」ことなども、今後営業していくために必要な要素かもしれません。また、飲食店としても珍しく(?)、入り口と出口が違うというお店の作りになっています。

楽釜製麺所 新宿西口直売店
ざるうどん(380円)とかき揚げ(140円)です。うどんが他のお店に比べて太く見えたような気もしました。

楽釜製麺所 新宿西口直売店
店の前のかごには、上記の写真のようなチラシが入っていました。お店の外では店員さんがひたすら声かけをやっていて、お店の存在をアピールしていました。

楽釜製麺所 新宿西口直売店
置かれていたメニューの「ざるうどん」の欄をよく見ると、両方とも並になっています。

「『楽釜製麺所』新宿西口直売店」出店のお知らせ(PDF)


広告

広告

地域別新着記事